ナレーションのトレーニングは自分でも出来る

subpage01

ナレーションという仕事に憧れを抱き、その仕事にどうしても就きたいという場合には、基礎的訓練を指導する学校もインターネットを利用すれば見つかるでしょう。
勿論その様な学校に通い学ぶ事は出来ますが、金銭的に余裕が無いという人でも工夫をすれば、ある程度のレッスンを行う事が出来ます。
例えばナレーションでも声優、あるいは俳優でも同じですが滑舌が良くなければ、仕事にも結びつく事は無いといっても良いくらい大切な事です。

それでは滑舌のトレーニング方法に、トライしてみましょう。その前に、まずはICレコーダー等の小型の録音装置が必要で、更にパソコンがあれば便利に使えます。
そして誰もが知っているような童話等を用意し、録音装置を録音モードにしたら最初は単純な棒読みで読み終了させ、パソコンに録音装置を接続してコピーしておきます。


次は笑顔を意識して、同じ童話を読んでみましょう。


そして先と同様ににパソコンに取り込み、比較して見てください。


前者の棒読みでは声色は低くなり、一方の笑顔で録音されたものを聞いてみると、キーの高い声色に変わっている事に気が付く筈です。
つまりナレーションの命である声というのは、様々にコントロールが出来る事を意味しています。


勿論、個々のナレーターは個性があり声質も違いますから、自由自在に思った通りの声が出せるとは限りません。しかし個性を活かした声色を演出する練習は、一人でも工夫次第で出来るという事です。


そしてある程度力がついてきたら、仕事を貰う為にナレーションのオーディションに応募してみましょう。

審査員から評価されれば、徐々に仕事が増えてくるかも知れません。

















関連リンク

subpage02














ブランドシャツを売れる方法を知っておこう

自宅のクローゼットにサイズが合わなくなってしまったブランド品のシャツがあるのだけど、せっかく高いお金を払って購入したのだから捨てるのは非常にもったいないという人もいると思います。そこでこのようなときは、ブランド品を売ることができるお店に持って行き、売ってみるといいでしょう。...

NEXT
subpage03














ナレーションの仕事を目指すためには

ナレーションの仕事を目指す人達は、プロのナレーターになるためにある程度、勉強をすることが大切です。物語を読むといっても、内容をきちんと理解をし、その内容にそった読み方、声の出し方により聞く人達に感動を与えなくてはなりません。...

NEXT